山の中の小さくて大きい映画祭
 2018年11月24日(土)~11月25日(日)
第18回 伊参スタジオ映画祭
 Copyright(C) 2001-2018 伊参スタジオ映画祭実行委員会

  上映作品紹介

2018年11月24日(土) 上映

会場:伊参スタジオ 体育館

~映画美学校プロットコンペティション2016 最優秀賞脚本~
『ばぁちゃんロード』
監督:篠原哲雄

 

©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会

◆公式サイト http://baachan-road.com/

※『ばぁちゃんロード』上映後、ゲスト対談あり
篠原哲雄監督、上村奈帆さん
2018.11.4 NEW 脚本:上村奈帆さんご来場決定!!!
https://twitter.com/nappo74

●STAFF 
監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
音楽:かみむら周平
主題歌:「この道」
(作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰)
歌 大貫妙子
(アルバム「にほんのうた 第一集
(commmons)」より)

製作統括:黒澤 満
エグゼクティブプロデューサー:遠藤茂行
プロデューサー:佐藤 現 近藤あゆみ
音楽プロデューサー:津島玄一
キャスティングディレクター:杉野 剛
撮影:喜久村徳章
照明:才木 勝
録音:臼井 勝
美術:寺尾 淳
衣裳:遠藤良樹
ヘアメイク:清水美穂
編集:小原聡子
音響効果:丹 愛
助監督:竹田正明
製作担当:田中盛広
製作幹事:セントラル・アーツ
製作プロダクション:スタジオブルー
企画協力:映画美学校
撮影協力:富山県氷見市
特別協力:ニチイ学館 北日本新聞社
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会
(オフィスレン/セントラル・アーツ/東北新社)
配給:アークエンタテインメント

篠原哲雄(しのはら・てつお)監督
プロフィール

1962 年生まれ、東京都出身。
大学在学中に映画の現場を経験、卒業後、
助監督として森田芳光監督らに師事。
一方、自主映画も作り始め、『Running High』
(8 ミリ) が89 年のぴあフィルムフェスティバルにて
特別賞 を受賞。93 年『草の上の仕事』(16 ミリ)が
神戸国際インディペンデント映画祭にてグランプリを
受賞、 劇場公開に至る。
初の劇場映画の長編が 96 年の『月とキャベツ』。
以降『はつ恋』(99)、『深呼吸の必要』(04)、
『昭和歌謡大全集』(03)、『地下鉄に乗って』(06)、
『スイートハート チョコレート』(12)、
『起終点駅 ターミナル』(15)
『花戦さ』(17)などがある。

2018年
第 41 回日本アカデミー賞『花戦さ』
優秀監督賞を受賞。

3月『プリンシパル ~恋する私は
ヒロインですか?』公開。

4月『ばぁちゃんロード』公開。

横山秀夫原作『影踏み』(主演:山崎まさよし)
2019年公開予定。
●CAST 
文音 <田中夏海 役>
草笛光子 <高山キヨ 役>
三浦貴大 <荒井大和 役>
桜田 通 <庄司哲也 役>
鶴見辰吾 <田中 匠 役>
●STORY 
幼い頃から両親が共働きだったため祖母キヨに育てられた、大のおばあちゃんっ子
の夏海。高校の同級生・大和との結婚を決め、足を骨折して施設で車椅子生活を送
るキヨのもとへ報告に訪れるが、すっかり元気をなくしていた。そんなキヨを励ます
べく、結婚式のバージンロードを一緒に歩くことを思いつく。
(2018年/DCP/89分)

第18回 伊参スタジオ映画祭