山の中の小さくて大きい映画祭
 2018年11月24日(土)~11月25日(日)
第18回 伊参スタジオ映画祭
 Copyright(C) 2001-2018 伊参スタジオ映画祭実行委員会

  上映作品紹介

2018年11月25日(日) 上映

会場:伊参スタジオ 体育館

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2017 大賞受賞作品 【初公開】
※中之条町メーンロケ作品
【短編の部】大賞受賞

『あるいは、とても小さな戦争の音』

監督:村口知巳

◆公式サイト https://www.small-warsounds.com/

※上映後、ゲスト対談:村口組

●STAFF 

監督・脚本 村口知巳
プロデューサー 土屋光敏
助監督 松岡寛
撮影 磯辺康広
照明 竹本勝幸
録音 細川武士
音響効果 青木秀文
ヘアメイク 藤原玲子、和佳奈
撮影助手 神田祐樹、大山恵里奈
照明助手 志村幸也
制作 かおり、竹本美香、西館那奈、菊池美帆
メイキング 堤真矢

※本編上映前に
『あるいは、とても小さな戦争の音』スピンオフ作品
『世界の終わりとアダムとイブ』(5分)上映あり

●STAFF
監督・脚本/村口知巳、
助監督/松岡寛、撮影/磯辺康広
照明/竹本勝幸、録音/細川武士
音響効果/青木秀文、ヘアメイク/藤原玲子
制作/かおり、竹本美香

●CAST
手島実優、高野海琉

●CAST 

大沢まりを、大石結介、長屋和彰、梅谷祐成、環菜美、吉村賢人、石倉三郎

●STORY 
山あいの集落に移住してきたカメラマンとその妻。
都会からのアイターンでやって来た介護士と戦争体験のある老人。その集落で生まれ育った少年。
それぞれがいつものなんでもない日常を過ごしていた日、空から不穏なサイレンが鳴りわたる・・・
日常に生きる彼らはその音を聞き、何を感じて、あるいは、何を感じられなかったのか。
どこまでも続く夏の青空のある一日に起こった、小さな戦争の足音と日常の物語。
(2018年/BD/22分)


第18回 伊参スタジオ映画祭